バイオプ

バイナリーオプション 税金はどれくらいかかるの?【納付額解説】

こんにちは!Web Huckです。

バイナリーオプションで、勝ってますか?

このブログを読んで学ばれている優秀なあなたは、すでにご存知かもしれませんが、

バイナリーオプションで利益を得た場合、利益に応じて税金を支払わなければなりません。

ペンタゴン
ペンタゴン
それくらいは聞いたことあるよ
BO博士
BO博士
実際税金ってどれくらいかかるのか気にならんかね?
ペンタゴン
ペンタゴン
気になるな…

そこで今回の記事では

・バイナリーオプションの税金はどうやって計算するのか?

・サラリーマンと専業トレーダーの場合、どれくらい納付額が違うのか?

など、具体的にシミュレーションをしてみました。

まだバイオプを始めていないあなたも、今後利益が出た時に自分がどれくらい税金を払えばいいのかを知る参考にしてください。

この記事を読んだあと、あなたが得られることは、

・国内と海外バイナリーオプション業者の税金の計算方法の違い

・自分がどれくらい税金を支払えばいいのか

では、早速いきましょう。

バイナリーオプションの税金

冒頭お伝えした通り、

バイナリーオプションで利益を得た場合、利益の額に応じて確定申告を行い税金を支払う必要があります。

確定申告とは

まずはじめに確定申告とは何か? について、学びましょう。

確定申告とは、

1年間(1月1日〜12月31日)における所得にかかる税金を支払う手続きのこと

ちなみに、バイナリーオプションで利益を得たからといって必ずしも確定申告をしないといけないわけではありません。

BO博士
BO博士
以下の条件に当てはまる場合は確定申告が必要じゃ

・給与以外の所得(利益)が20万円を超えた方

・給与による所得が無く、所得が(利益)が38万円を超えた方

・給与の年間収入額が2,000万円以上の方

つまり、

確定申告が必要な場合

・サラリーマンなどの給与を貰っている方は年間で20万円を超える利益

・専業主婦や学生など給与所得が無い方は年間で38万円を超える利益

上記の利益を得た場合には、確定申告が必要です。

納付の期間は翌年の2月16日〜3月15日となっており、期間内に税務署に申告し納税しなければなりません。

バイナリーオプションの国内業者と海外業者との違い

国内のバイナリーオプション業者と海外の業者では支払う税金は全く違います。

2012年から税制が改正され、国内の業者を優遇する措置が行われました

2012年以前は、国内業者、海外業者どちらを使用しても総合課税に分類されていました。

しかし、2012年以降

・国内業者 → 申告分離課税

・海外業者 → 総合課税

となりました。

国内のバイナリーオプション業者の税金

上記の通り、国内のバイナリーオプション業者の場合は申告分離課税に分類されます。

申告分離課税

申告分離課税とは、

他の所得と分離して税金を計算する方法

つまり、バイナリーオプションによる利益は他の所得(給与など)とは分けて計算します。

税率は一律20.315%

見出しの通り、税率は一律で20.315%です。

その内訳は、以下の通りです。

・所得税15%

・住民税5%

・復興特別所得税0.315%

例えば、

1年間におけるバイナリーオプションによる利益が100万円(経費を除いたあと)であれば納税額は20万3,150円となります。

損失の繰越が可能

また、申告分離課税の場合、最大3年間損失を繰り越すことが可能です。

これも例を挙げます。

「去年:マイナス100万円」→ 「今年:プラス250万円」

このような場合、今年の利益250万円から去年の損失額の100万円を差し引いた150万円に対して税金を支払います。

BO博士
BO博士
だから1年を通して利益が出なかったとしても確定申告はするべきなんじゃ

海外のバイナリーオプション業者の税金

海外のバイナリーオプション業者の場合は総合課税に分類されます。

ちなみに、わたしのおすすめハイローオーストラリアは、海外のバイナリーオプション業者なので総合課税が適用されます。

総合課税

総合課税とは、

他の所得との合計額から税金を計算する方法

つまり、給与などの他の所得とバイナリーオプションの利益を合算した額に応じて税金を支払います。

以下が総合課税の対象となる所得です。

対象となる所得

・利子所得

・配当所得

・不動産所得

・事業所得

・給与所得

・譲渡所得一時所得

・雑所得

海外バイナリーオプション業者による所得は、雑所得に分類されます。

また、国内業者の場合と違って損失の繰越ができないのも大きな特徴です。

ペンタゴン
ペンタゴン
同じバイナリーオプションでも国内と海外の業者では全然違うんだな
BO博士
BO博士
国内業者と海外業者での違いには注意が必要じゃ

支払う税金

では実際に総合課税における税金について説明します。

総合課税では、以下の3つの税金がかかってきます。

総合課税における税金

・所得税

・復興特別所得税

・住民税

ここからは、上記の各税金の計算方法を解説するとともに、

実際にどれくらい税金を払わなければいけないのか、2パターンを例に計算してみます。

シミュレーション

【Aさん】
会社勤めのサラリーマンの傍らバイナリーオプション取引を行っている

・給与(年収):400万円

・バイナリーオプション利益:100万円(利益 – 経費)

【Bさん】
バイナリーオプション取引のみで生計を立てている

・バイナリーオプションの利益:500万円(利益 – 経費)

※「年収」とは源泉徴収表の”支払い金額”を指します

所得税

所得税率は所得の金額が大きくなるほど高くなり、以下の計算式で算出されます。

所得税の計算式

所得税 = 課税所得 ×  税率 – 控除額

つまり、

BO博士
BO博士
課税所得が決まれば自動的に所得税が決まるんじゃ

以下は所得金額(合計額)に応じた税率と控除を示した表です。

課税所得税率控除額
195万円以下5%0円
195万円を超え~330万円以下10%97,500円
330万円を超え~695万円以下20%427,500円
695万円を超え~900万円以下23%636,000円
900万円を超え~1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円を超え~4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円超45%4,796,000円
BO博士
BO博士
AさんとBさんの所得税を計算してみよう

【Aさんの所得税の計算】

計算の手順としては、まず給与所得を計算し、算出した給与所得とバイナリーの利益を合算して課税所得を算出します。

・給与所得 = 給与  – 給与所得控除

・課税所得 = 所得(給与所得 + バイナリーの利益 )  – 控除額合計

給与所得 = 400万円 – (400万円 × 0.2 + 54万円) = 266万円

 

給与(年収)給与所得控除
162万円5千円以下65万円
162万円5千円を超え~180万円以下給与 × 40%
180万円を超え~360万円以下給与 × 30% + 18万円
 360万円を超え~660万円以下給与 × 20% + 54万円
660万円を超え~1,000万円以下給与 × 10% + 120万円
1,000万円超220万円(上限)

ただし、給与等の収入金額が660万円未満の場合には、以上の表にかかわらず、

「平成29年分の年末調整等のための給与所得控除後の給与等の金額の表」(PDF)より給与所得の金額を求めます(今回の記事では上記の表をもとに計算)。

また、給与所得控除の計算方法は変わるので、詳しくは国税庁のページを参照してください

給与所得を算出したので次は課税所得を算出します。

課税所得 = (266万円 + 100万円)  – 68万円 *= 298万円

※1:上記の68万円(控除額合計)は、基礎控除38万円+社会保険料控除30万円(仮定)として計算しています。

※2:人によっては他の控除が含まれる場合があります。また、社会保険料控除の金額も異なります。

課税所得を算出したので最後に所得税を算出します。

所得税 = 課税所得 × 税率 – 控除額なので

所得税 = 298万円 × 0.1 – 9万7,500円 = 20万500円

BO博士
BO博士
Aさんの所得税は20万500円じゃ

では、続いてBさんの場合を見ていきましょう。

【Bさんの所得税の計算】

Bさんの場合は給与による所得がありませんので課税所得から算出します。

課税所得 = 所得( バイナリーの利益 )  – 控除額合計

課税所得 = 500万円  – 68万円 *= 432万円

※1:上記の68万円(控除額合計)は、基礎控除38万円+社会保険料控除30万円(仮定)として計算しています。

※2:人によっては他の控除が含まれる場合があります。また、社会保険料控除の金額も異なります。

課税所得を算出したので最後に所得税を算出します。

所得税 = 課税所得 × 税率 – 控除額なので

所得税 = 432万円 × 0.2 – 42万7,500円 = 43万6,500円

BO博士
BO博士
Bさんの所得税は43万6,500円じゃ

復興特別所得税

復興特別所得税は、東日本大震災による被災地復興の財源確保を目的とした税金です。

復興特別所得税

復興特別所得税 = 所得税 × 2.1%

BO博士
BO博士
AさんとBさんの復興特別所得税を計算してみよう

【Aさんの復興特別所得税の計算】
復興特別所得税 = 20万500円 × 0.021 = 4,210円

【Bさんの復興特別所得税の計算】
復興特別所得税 = 43万6,500円 × 0.021 = 9,166円

住民税

住民税は、市区町村民税と都道府県民税の2つに分かれています。

その2つの合計額が住民税となります。

住民税

・市区町村民税:課税所得 × 6% + 均等割額 – 調整控除額

・都道府県民税:課税所得 × 4% + 均等割額 – 調整控除額

※自治体ごとに違います

つまり、課税所得 × 10% + 均等割額(5,000円程度)- 調整控除額となります。

住民税の算出で使用する課税所得は、所得税を算出した際の控除額と異なりますので再計算が必要です

上記では、住民税の税率は合計で10%としていますが、例外として10%ではない地域が存在します(-0.3%〜0.5%)。

調整控除額の計算方法

【課税所得が200円万以下】

・所得税との人的控除額の差の合計

・課税される金額

調整控除額 = 1と2のいずれか小さい方 × 5%

【課税所得が200円万超】

・所得税との人的控除額の差の合計

・課税される金額-200万円

調整控除額 = (1 – 2) × 5%(2,500円未満になる場合は2,500円)

※基礎控除・扶養控除・障害者控除・寡婦控除などの「人」に関する所得控除のことを「人的控除」と言います。

BO博士
BO博士
AさんとBさんの住民税を計算してみよう

【Aさんの住民税の計算】

課税所得 = (266万円 + 100万円)  – 63万円 = 303万円

※住民税の場合、基礎控除は33万円となりますので社会保険料控除30万円(仮定)と合算し63万円として計算しています。

BO博士
BO博士
次に、住民税を算出してみよう

課税所得 × 10% + 均等割額 – 調整控除額

住民税 = 303万円 × 0.1 + 5,000円 – 2,500円= 30万5,500円

BO博士
BO博士
Aさんの住民税は30万5,500円じゃ

【Bさんの住民税の計算】

課税所得 = 500万円 – 63万円 = 437万円

※住民税の場合、基礎控除は33万円となりますので社会保険料控除30万円(仮定)と合算し63万円として計算しています。

課税所得を算出したので次に住民税を算出します。

住民税 = 437万円 × 0.1 + 5,000円 – 2,500円= 43万9,500円

BO博士
BO博士
Aさんの所得税は43万9,500円じゃ

支払い額の合計

BO博士
BO博士
ここまで算出したAさんとBさんの税金をまとめてみよう

【Aさん】

・所得税:20万500円

・復興特別所得税:4,210円

・住民税:30万5,500円

Aさんの支払う税金の合計は51万210円

ちなみに確定申告では、所得税と復興特別所得税の2種類を支払います。

住民税は給与から天引きされるか納付書が郵送されてきます

さらにAさんの場合、

給与の一部から税金が支払われているはずなので、確定申告の際に納付する金額は上記より安くなります。

所得税と復興特別所得税の合計20万4,805円から源泉徴収票の「源泉徴収税額」を差し引いた金額を確定申告で納付します。

では、Bさんの方はどうでしょうか。

【Bさん】

・所得税:43万6,500円

・復興特別所得税:9,166円

・住民税:43万9,500円

Bさんの支払う税金の合計は88万166円。

Bさんの場合はバイナリーオプションの収益のみなので、

所得税と復興特別所得税の合計を確定申告で納付し、住民税は後日送られてくる納付書で支払うことになります。

バイナリーオプション節税対策

バイナリーオプションに関連する費用を経費にすることで税金を安くすることができます。

以下に、経費として認められる代表的な費用を紹介します。

経費として認められる費用

・バイナリーオプション関連書籍代

・バイナリーオプションのセミナー参加費や交通費

・バイナリーオプションに使用するパソコンやインターネット料金

基本的にはバイナリーオプションの為に使ったお金を証明できるものがあれば、経費として認められます

BO博士
BO博士
不安な場合は税理士に相談するのもオススメじゃ

確定申告の方法

確定申告は、書類を揃えて税務署で手続きを行う必要があります。

源泉徴収票などの収入がわかるもの、バイナリーオプションによる利益が記載されたもの(取引履歴)やその他の所得を証明する書類が必要です。

税務署に行くのが面倒な場合や、時間がない場合、郵送やインターネットのみで行うことも可能です

ハイローオーストラリアの損益の確認

最後にハイローオーストラリアでの1年間の収益の確認方法を説明します。

ハイローオーストラリアのホームページにログインし、上部メニューの「取引履歴」をクリックしてください。

「検索する」をクリックしてください。

検索期間を損益算出したい期間に設定し(1月1日〜12月31日の1年間に設定)、「検索する」をクリックしてください。

「エクスポート」をクリックし、PDFのマークをクリックしてください。

「PDFファイルの準備完了。ファイルを開く」と表示されるので「ファイルを開く」の部分をクリックします。

クリックするとPDFファイルがダウンロードされるので、ダウンロードしたPDFファイルを開きます。

表示された取引明細書下部の「購入」と「ペイアウト」の金額を用いて収益計算します。

損益 = ペイアウト – 購入

となります。

BO博士
BO博士
ペイアウトが300万円・購入が100万円なら200万円の利益じゃ

まとめ

今回の記事では、バイナリーオプションにおける具体的な税金の計算方法を説明しました。

・会社員の方は20万円以上で確定申告が必要

・専業主婦や専業トレーダーは38万円以上で確定申告が必要

・国内バイナリーオプション業者は申告分離課税

・海外バイナリーオプションは総合課税

一般的には海外のバイナリーオプション業者を使用していると思うので、総合課税による計算方法を理解しておきましょう。