バイオプ

バイオプ 知らないと損するファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の違い【超重要】

今回の記事では、為替について考えるうえで、避けては通れないファンダメンタルズ分析とテクニカル分析について解説します。

バイナリーオプションで稼ぎと考えているのであれば、この2つの分析方法について理解しなければ始まりません。

この記事ではどのように分析を行えばいいかのヒントが得られるので読んでみてください。

この記事を読んだあとに、あなたが理解できることは、

・ファンダメンタルズとテクニカル分析の違い

・バイナリーを分析するにはどのような分析をすれば良いか

以上のことが理解できるようになります。

ペンタゴン
ペンタゴン
分析できなきゃ勝てないのか?

BO博士
BO博士
偶然勝てることはあっても勝ち続けるのはほぼ不可能じゃ

ファンダメンタルズ分析・テクニカル分析の違い

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2つは、投資をするなら避けては通れないほど大切な分析方法です。

まずはそれぞれの特徴を知りましょう。

ファンダメンタルズ分析

・概要:経済指標など相場に影響を与えるニュースから先行きを予測する方法

・取引期間:長期の取引に有効

・必要性:経済指標などをチェックするが、具体的に予測するわけではない

テクニカル分析

・概要:過去チャートの値動きのパターンから相場の先行きを予測する方法

・取引期間:長期・短期どちらの取引にも有効

・必要性:絶対に必要

ファンダメンタルズ分析とは

ファンダメンタルズ分析とは、ひとことで言うと、

「世界の経済状況や情勢から値動きを読み、相場の先行きを予想する方法」となります。

ファンダメンタルズとは

「経済の基礎的条件」という意味で、各国の経済成長率(GDP)や雇用系指標(失業率・新規雇用者数)など、物価指数(CPI・PPIなど)の経済要因のことを表す

つまり、各国の経済的要因に関する発表や要人の発言、または災害被害などのように経済に与える影響がわずかでもあると為替相場に影響を与えることになるということです。

BO博士
BO博士
世界情勢のニュースをチェックしないと何も始まらないんじゃ 

それでもわかりづらいので、例としてGDP(国内総生産)の値で考えてみましょう。

具体例

①米国のGDP発表前に上昇するという予想が広がる
②「上昇する=経済が上向きになり、USドルの価値も上昇する」と人々が予想
③多くの投資家が軒並みドルを買う
④ドルの価値が高騰しドル高になる

という流れがあったと仮定します。

実際の発表が予想通りに上向きの発表されれば、ドル高は更に加速します。

しかし、予想が外れ下降の発表がされれば、USドルの価値が落ちると予想されてドルが売られ 、ドル安になります。

予想と反した結果になるほど価格の変動は大きくなります。

ペンタゴン
ペンタゴン
世界の反応によって大きく変わるんだな

BO博士
BO博士
経済指標の発表や要人の発言などが行われる際には価格が大きく変動する可能性が高いということじゃ

バイナリーオプション取引をする上での注意点

ここまで、ファンダメンタルズ分析の説明をしましたが、

短期取引が中心であるバイナリーオプションには、ニュースの内容を細かく気にする必要はないと考えられています。

逆説的に考えると、経済指標の発表の前後約30分~1時間は目まぐるしく価値の変動が起こるのでエントリーを避け、相場が落ちついてからエントリーする方が無難

なぜなら、経済指標の発表や要人発言などが行われると価格変動の可能性は高いからです。

動かない時もありますが、発表後にならないとわからないので、バイナリーオプションをやるうえでは触る必要はないですよね。

どう動くのか予想できないのに取引をすることはギャンブルと同じです。

「指標の変動を狙いエントリーする」方もいるみたいですが、わざわざリスクを背負って取引する必要はないので指標発表前後はエントリーしない方が無難です

経済指標の確認方法

経済指標や要人発言が行われる日時は簡単にネットで調べることができます。

わたしの場合は、普段から「経済指標情報 – Yahoo!ファイナンス 」は必ず目を通すようにしています。

ここに掲載されている情報のうち星が2つ以上ついている発表の前後約30分から1時間はエントリーを控えることを勧めます。

経済指標情報 – Yahoo!ファイナンス

テクニカル分析とは

 

テクニカル分析とは、「過去チャートの動きから相場の動きを予想する分析のこと」です。

バイナリーオプションのような短期取引では、ファンダメンタルズ分析ではなくこちらのテクニカル分析のほうが重要視されます。

テクニカル分析は、ファンダメンタルズ分析と違い、現在のチャートの動きからパターンによって把握したり、インジケーターと呼ばれる分析ツールを使用して分析します。

インジケーターとは

インジケーターを大別すると以下の2種類があります。

トレンド系

現在の相場の方向性(トレンド)を把握するのに用いる

【例】

・移動平均線

・ボリンジャーバンド

・一目均衡表

・MACD

オシレーター系

今現在の価格が過去の価格と比較して安いか高いかを判断するのに用いる

【例】

・ストキャスティクス

・RCI

・RSI

・MACD

各インジケーターの詳しい特徴は他の記事で解説します。

手法の確立

初心者にありがりなことですが、テクニカル分析を理解したからといって、焦って即取引開始とならないようにしましょう。

上記ようなインジケーターを用い、「どこでエントリーすれば勝てるか?」を探し、本当に勝てるかどうか、過去の相場をもとに研究します。

さらに試行錯誤を繰り返し手法を確立しなければいけません。

例えば、

「ボリンジャーバンドの2σにタッチしたから反発するに違いない」

「RSIが70に達したから反発するはずだ」

このような、理論上の考えだけでエントリーしても勝ち続けることはほぼ不可能です。

過去の相場から、どのような条件でエントリーした時に何%で勝ち、最大連勝数は何回で最大連敗数は何回で1日平均エントリー回数が何回など、、、etc

数字による根拠がとても大切

このようにバックテストと呼ばれるバックテストをやらずに、明確な根拠を持たず、取引をすることで負けてしまいます。

そして、負けを取り返そうとして無茶にエントリーを繰り返しギャンブルをしてしまい、資金を減らしていくことになります。

バックテストを行い、例えば勝率が60%に収束するならば「10回中4回負ける」ということがわかるはずです。

それがわかっていれば、自分のルール通りに淡々と取引をすれば資金は増えるはずです。

BO博士
BO博士
取引前に必ず数字に基づいた手法を確立することが重要なんじゃ 

まとめ

今回の記事では、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析について解説しました。

まとめると、

・短期の取引のバイナリーオプションでは、必要以上に経済情勢を意識して考えることはないが、指標発表時の激しい値動きは要注意

・テクニカル分析では、過去の相場を検証して「数字に基づいた手法の確立」を行い、確率論で考えることが重要

ということでした。

今回の記事では、一般的なテクニカル分析といわれる観点からファンダメンタルズ分析との違いについて解説しました。

テクニカル分析はインジケーターの分析だけなくチャート分析と呼ばれるライントレードやプライスアクション、波動の動きや大衆心理を捉えるとより深い分析ができます。

ペンタゴン
ペンタゴン
ただのギャンブルかと思ってたけど奥が深いんだな

BO博士
BO博士
ギャンブルの要素を極力排除して、手法を確立することが勝つ秘訣じゃ